交換時期を判断する|給湯器を取り付けてエコライフを満喫しませんか
給湯器

給湯器を取り付けてエコライフを満喫しませんか

このエントリーをはてなブックマークに追加

交換時期を判断する

給湯器

給湯器にも耐用年数はあります

一家に一台は給湯器はあるものです。時代がかわっても、ガス給湯器などの給湯器は必要です。 通常、給湯器の寿命は7年から8年くらいといわれています。なかには10年くらいもつものもあるようです。 この場合、寿命というのは、耐用年数とか、致命的な故障によるものと考えられています。また耐用年数は、使用していくうちに自然と劣化して、性能が維持できないことや、10年以上経過したことに関係します。 だから、いくら、性能がいいものが出できても、今の技術で機械である以上、これからも寿命はあり、住んでいくうちに取替えは必要になるでしょう。 設置状況や、使用状況、住んでいる地域の気候、使用回数などにより、個人差は出てくるようです。

使用していくなかで注意すること

個人差はあるものの、多かれ早かれ劣化はすすんでいきます。季節の変わり目などは、とくに給湯器の使用状況が変わることもあります。寒くなると、それだけ使用も多くなります。ある日、突然使えなくなり、お湯が出ないとか、お風呂に入ることができないとなると、とても困ります。これが、寒い冬の日では余計に不都合でしょう。 そういったトラブルにならないように、新しい給湯器を設置してから5年くらいを目安に業者に点検してもらうことをおすすめします。業者を探す場合は、きちんと寿命を見極めてくれるような信頼できるところをさがすことが大事です。 インターネットを使って、口コミを参考にしたり、実際に取り替えた経験のある人からの紹介で選ぶなどすることが重要なポイントです。